上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.04.08  桜に想う
20050408221013.jpg

桜の季節になるといつも思い出す光景がある。
それは幼少の頃に母と行ったお花見である。
私の生まれ故郷はとある小さな離れ島で、そこの先端に
[じしん山]と呼ばれてる山がある。
そこまで歩いてお花見に出掛けるのだが、これがかなり遠くて
子供の私にとってはきつかった。
今思えば、そんなに遠い距離では無いんだけれど。
頑張って歩いて到着すると、あたり一面に桜の花が咲き誇り
まるで別天地のような光景だった。
三つ子の魂・・・・と言われる所以だろうか、くっきり鮮明に
覚えている。

母の作ってくれたお弁当を頂き、のんびり桜を見てまた帰るだけの
ただそれだけの事だったのだけど、忘れられない想い出となっている。
母と同じ桜を見る機会も無くなり何年経ったんだろうか。
帰省の時は桜の季節じゃないしねぇ・・・・

ニュースでは名古屋も満開になったと言っていた。
日曜日はお天気が下り坂かぁ・・・・
明日見て来よう、2005年の緑地の桜♪

桜と全然関係ないけどオダマキ・タワーブルー
この薄い水色、なんとも素敵

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。