上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日にそういう事だったので昨日は朝から掛かりつけ病院に行って来ました。
担当医に全ての事を話すと
「私の手元から花ちゃんが居なくなるのは残念、そして寂しい。
でもお父さんとお母さんが花ちゃんの為にと考え抜いた結論でしょう。私も賛成です。」と仰った。

花には
「花~、頑張ってくるんだよ!」って言って下さいました。

「今の花ちゃんにとっては足を動かすのが先決。
お水が好きな花ちゃんならきっと効果が上がるはずだしね。」と。

病院を変えるという事では無いにせよ、
1ヶ月もの期間、他所へ預ける事に対して
ここまで潔く、そして応援して下さる先生が果たしていらっしゃるのか?
花は幸せ者だなぁと感動しました。

私も万が一病気をしたとすれば・・・
花の先生のような主治医に巡り会いたいものだと思います。

「1ヵ月後にロングステイが終わったら、真っ先にここに連れてくるから
花を見てやって下さいね」と私が言うと
『楽しみに待ってます!きっとよ~。』って。

爽やかな、雲ひとつ無い空のような気持ちで
病院を後にする事が出来ました。
先生には感謝の気持ちで一杯です。

そのままセラピーの施設へ向い、花を預ける手続きを。
渡辺先生はご不在と予め伺っていたので、
スタッフの方にお預け。
そこへ日曜日にプールで泳がせて下さったおねぇさんがお見えになり
「花ちゃんだ~♪」と。
花は覚えていました、とっても嬉しそうでした。

花、頑張るんだよ。

今年の夏は試練です、でもその先にきっと良い事が待ってるはず。
あんなに小さな花が頑張ってるんだものね。



メールやお手紙で応援して下さった方々、
それから・・・いつもここを覗いて下さった方々、本当にありがとうm(_ _)m
お陰で踏ん張れたような気がします。
花はひとりで頑張りに行きました。
なので私が落ち込んでる場合ではありません。
でもね、今は虚脱感でいっぱい。

1ヶ月後に花が元気に帰って来てくれる事を思いながら、なんとか頑張ります。
あっ、その前に面会も出来るんだ!うふふ。
慣れるまでの1週間くらいはダメだけど、その後はOKだって。
でもねぇ、会うのも辛いよね・・一緒に帰れないから。

ラックとちこも寂しい思いばかりさせました。
でもなかなかお利巧に留守番する事が出来ました、感謝状を差し上げたいと思ってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。