上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.11  術後2週間
今日で術後2週間経ちました。
初めに抜糸。
半分だとお聞きしていたので「上の半分?下の半分かな?」って思ってたら
違うんですね、一段おき(?)に飛び飛びに抜糸して下さいました。
万が一に備えて・・・開く恐れはまずないとの事ですが念の為だそうです。

さて、次は鍼。
今は15分間に延びました。
腰と後ろ足のツボに鍼を刺し、そこへ電気を送ります。
足がピクピクと動き、そのまま15分間じっと我慢のコです。
じっとしてる15分はかなり長いのですが、
それでも花はワリとじっとしていてくれるので助かります。

その後はいつものように足の反応検査。
土・日は強く反応したのに昨日・今日の反応は非常に弱し。
先生は
「なまけてるねぇ・・・・こんなはずじゃない事はわかってるんだけど
それにしても心配になってしまう程反応してくれないね」と。
次は腰を支えて後ろ足が立てるかな?の検査。
「どうですか~?お家で立とうとする姿勢見せます?
もうそろそろ立ち出しても良い時期になってきてるんですが。
立てなくても、足を踏ん張るしぐさとか?
ヨレヨレしながらでも歩き出すとこまで回復してるはずなんだどなぁ」と先生。

全然ありません、どうやらこれもなまけの延長だそうです。
今の生活に慣れてしまい、「立てなくても不便じゃないもん。」って
感じてしまって、頑張って立とうとしないそう。

「頭の良い子はズルを覚えちゃうのよね~、花ちゃんもそうだものねぇ」と。

むむむ・・・それはまずいよね。
せっかく立てるまで回復してきたんだからね。

このままでは筋肉が付かないどころか更に落ちてしまう恐れがあるので
なんとかならないかな~って先生。
毎日足裏を地面に着かせ、歩いていた時の感覚を取り戻す訓練(?)はしてるのですが
全く力が入ってないのが現状で。
今晩からタオル歩行してみようかな。

花~立ってみる気ある???
すぐにヘナヘナ~っと崩れても良いから立ってみれば?

最近の花。
アザラシ走りに磨きが掛かり、それはそれはすごいスピード\(・o・)/
後ろ足の位置は、本当にアザラシのように後ろに投げ出したままの時もあれば、
後ろ足2本を前に投げ出し、お尻を地面に着けたまま猛スピードで移動。
家族の帰宅時とご飯の時ですね、スピード違反気味なのは。
その時の後ろ足、交差しちゃって骨折してるの?って程に
変な足の時も多々有ります。

花として、こうやって移動出来るから生活に不便を感じてないのかなぁ。
うぅ~~ん、とても悩ましいですわ。
術前は命だけ助かればそれで良いと心底思いました。
でも・・お陰様で助けて頂き、そして今は「立てる」と先生に仰って頂きました。
となると・・・やっぱり欲が出るんですよね。

這えば立て・・・立てば歩めの親心・・・・そんな心境です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。