上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.04  穏かな昼下がり
通院に関しては全く苦にならず、花とふたりでドライブに行くような、
そんな楽しい気分で車を走らせます。

問題は準備をして外に出るまでの間。
ラックとちこは「また花だけ連れて行くのかーーっ!」と
それはそれは大変な騒ぎです。
かたや花はと言うと、自分だけ連れて行ってもらえるのが判っているのか
もうハイテンションで大喜びモード。
奇声を上げて、それは高崎山のお猿さん状態。

家の中は猛獣舎かサル山だぁ、ご近所に申し訳ないわぁ。

今日はレーザーの初日。
どんな風にして下さるのかな~って思ってたら、
先生、いきなり花の痛覚検査を始められた。
「すごいっ!今日はバリバリじゃん、昨日は花ちゃん怠けてたんだね、きっと。
これで昨日以前の状態に戻ったわけ、あぁ良かったですぅ」
??
「実は昨日院長の検査の後、私落ち込んでたんですよ。
なんでこんなににぶいんだろう?って」

「あらぁ、先生花の為に落ち込んで下さってたんですか?それはありがとうございました。
でもね、私はそれよりも院長先生にしっぽを振った事が解せなくて。
痛覚の事は、にぶくても何でも《感じてる》のであれば、それで良いわぁって
思ってたからそんなに問題にはしなかったんですけどね」
先生
「しっぽはねぇ、花ちゃんが『んもーっ、先生やめてよ~~』って振ってたんじゃない?」との事でした、アハハ。

レーザーは先生が看護士さんにご指示を出し、
看護士さんが背中の傷の周辺を念入りに当てて下さいました。

内股の皮膚の柔らかい部分や足の膝の内側(?)が、ズリズリと擦って移動するので
赤くなってきてるのと、オシッコでただれが出てきてるのと両方のようで
包帯巻いて下さいました。

お尻周りは洗っても良いとの事でしたので
今晩にでも洗ってあげたいと思います。
蒸しタオルで拭いてはいたのですが、やっぱり・・なかなかね。

花のアザラシちゃん走りは笑えます、そして可愛い。
それはそれは早いんです。
暢気に歩いてるラックよりも早いんです。
だから皮膚を擦るんだよね。

前足2本だけの力で一生懸命に動く花、そんな花を見てると涙がこぼれました。
でも花が頑張ってるのに泣いてる場合ではありません。
だからもう大丈夫、笑ってニコニコと見る事が出来るようになりました。

フローリングがイヤで(腰に良くない)、もう何年も前から
50cm四方のパネルカーペットを敷き詰めているんですが、
この肌触りが擦ると痛いんですよね、花にとっては。
全体に柔らかいものを敷けば良いんでしょうけど、つぎはぎに敷くと
布の重ね合わさった部分で足を取られています。
一定の部分だけプーチパッドを敷いてますが、
ご飯時になると
「ご飯??まだ??」と、キッチンに覗きに来たりします。
狭いリビング、対面キッチンなのですぐに来るんです。

疲れると自分からサークル内に入り眠ってます。
2cm程の段差が上がれない、降りれないでヒーヒー言ってましたが
夫がうまく調整してくれたのでなんとか出入り自由になりました。
ちょっとだけペースを掴みつつある花です。

病院から帰ってくると、まずはお水を飲んで
それからスースー寝息を立ててお昼寝です。
そんな花の寝顔を見ながらキーボードを打ってると
不思議と心は落ち着きます。

ラックとちこは、私の両隣に居ます、もちろん大爆睡。
静か~~とっても静かな午後。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。