上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.28  食欲旺盛
「面会は花ちゃんの都合で」と先生。

昨日の夕方、病院へ行ってきました。
その前にお電話下さいまして
「病院食では味けなくて可哀想だから、花ちゃんの好きな物を
持ってきてあげて。ご飯でも良いよ。おやつでも良いし。」との事。
「好きなおもちゃもね」って。
うわぁ~~そんなの良いの??って感じ。

ご飯は花の場合、カリカリフードでもバクバク食べる子なので
その点は心配してませんでした。
こういう時に「あぁ、完全手作り食にしてなくて良かったぁ」と。

玄米クッキーと太陽のぬいぐるみを持って行ってきました。
アリィさんが送ってくれたお守りも一緒に。

実は日曜日に行った時に先生が「花ちゃんのお顔見てから帰って下さいね、
でも遠くからしかダメ。気付かれないようにね」と。
私の顔を見て興奮し腰に悪影響を及ぼすのは一番怖いとの事。
術前だったので。

そ~~~っっと遠い所から花のケージを見た瞬間、
私の涙腺は激しく決壊し・・・・・
「もう退院の日まで会わない」と思ったのでした。

先生もそれをご承知下さってたし、夫も仕事で病院に行く事が出来ないのを
事前にお知らせしてあったので
昨日の術後、麻酔から醒めた頃の花を
写真に撮って下さいましてプリントアウトして下さってたんです。
「お父さんに持って帰ってあげてね」と。

他にも術中の写真を色々と・・・
生々しい写真なんですが、
「見えない位置の手術ですので、こうやって残して飼い主さんに
見て頂くんですよ」と先生。
花を苦しめた憎きヘルニアの部位もくっきり鮮明に・・・。
CT画像でのご説明でもう充分だったのに、そこまでして下さるなんて。
ほんとに良心的な病院だと思いました。


で、昨日の夕方。
先生が「今は花ちゃん寝てるから目を合わさずに済むから
見てやってくれる?」って言って下さったの。
勇気を振り絞り花の様子を見てきました。
ほんと、グーグー寝てました。

もし起きてても・・・私、ひょっとして大丈夫だったかも。
手術が無事成功して嬉しかったしね。

そうそう、面会の事。
花の都合と言うのは・・・花次第なんですって。
花が精神的に参ってきたら会ってやって欲しいと。

でもそれぞれのワンにタイプがあって、会った瞬間に
「わーー!お家に帰れるのね」と大喜びしてしまい・・・
でも飼い主さんはそのまま帰宅・・・入院は続くわけで。
こう言った状況の時に、ワンが大パニックに陥る事があるそうです。
例を挙げるなら。
飼い主さんがお帰りになった瞬間から、泣き喚く、大暴れ、
特に腰が悪い子の場合は術後3日間は絶対安静らしいのですが、
その期間に大暴れされようもなら怖いとの事。
強烈なストレスで体調を崩す子も居るそう。
良かれと思った事がアダになるケースもあるから
面会は慎重に・・・とのお考えのようです。

さてさて、花はどっちかな?

毎朝9時前に私のほうから先生にお電話する事になってます。
その時に「花ちゃん落ち込んでるから会いに来てあげて~」とか、
「元気だからこのまま大丈夫そうですよ」とか
先生が指示を出してくれるとの事です。

そして今朝の電話の内容。
先生
「花ちゃん、とっても元気でね、ご飯もバクバクすごいスピードで食べて
おやつもバクバク、アハハ、とっても良い感じ。
ただねぇ、元気すぎるのが怖い」って\(・o・)/

どうやら・・・シーツ交換等で看護士さんに抱っこされた場合、
動ける上半身で大暴れするらしんですわぁ、トホホ。
先生
「何のために暴れるのか?物凄い馬鹿力なんですけど」と謎めいていらっしゃいましたが、
多分・・・
「抱っこしてくれるなーーー!早く落ろしなちゃいよ!」と怒ってるのでしょう(≧m≦)
余程じゃないと懐かないタイプなんですよ、花は(^-^;)

花へ・・・3日間は大暴れしたらダメだよ、安静安静。

こんな近況です。
病院には全幅の信頼を寄せてお任せしておりますので
私としては今とても安心しています。

退院の日にちも「花ちゃん次第ね」との事。
花の術後の経過次第になります。
急いで家に連れ帰るより、病院のほうが安心というのもありますしね。

なんでも花次第です、ハイ、それが一番ですものね。

人間の都合ではなくて、花の都合を最優先にして
物事を考えて下さる先生、ほんとうにありがとう!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。