上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050413132547.jpg


ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

こんな狭い場所に地植えしてある。
この狭さには呆れる程だけど^^;
無謀にも画像右奥にまだ1本植わってるのだ、ピエール・ド・ロンサールが。
たわわに咲いたロンサールが頭上からこぼれんばかりに・・・・あぁ。。夢♪
ロンサールの夢は2~3年は掛かるだろうか。

この位置から擁壁に枝垂れさせたいというのが夢なのだが
どう考えても今春には無理だわぁ。
でもヒマラヤンは恐ろしい程に成長すると言われてる品種なので、
来春には思い描いている光景が見られるかなぁと♪
狭い擁壁だからヒマラヤンに飲み込まれないように注意しよう。
最終形は、枝数を少なくしてヒマラヤンとロンサールを誘引したいと
言うのが夢なのだけど、強欲すぎたようですわ・・・・。
しかも花期が合うかどうかもわからないし。
ド素人とはこんなモノだろうか・・・・(≧m≦)

ロンサールは今春はブッシュ形で数個でも咲いてくれれば嬉しい。
それからドンドンとシュートを伸ばしてね。



20050413132616.jpg

その擁壁に現在誘引してあるのがラベンダーラッシー。
これは大鉢に植えてある。
ここにクレマチス・モンタナ・メイリーンを絡めてみた。
蕾を付けてくれて嬉しいのだが、はぁ・・やっぱりちょっと早いのね。
ラベンダーラッシーはまだ蕾が無いもの・・・・コラボ失敗の巻。

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクがグングン成長してくれば、
ラベンダーラッシーとの擁壁共存は不可能なので
ラベンダーラッシーの鉢はどこかへ移動しなければいけないだろう。
その時にはクレマも擁壁から外そう・・・・・
大事なツルをポキポキと何本折った事だろう。
だから枝数が少なくとても貧相な我が家のクレマ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。