上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.18  ちこの結石・・
ちこの事・・・・・・

えっと・・・いつ頃かなぁ・・・確か2年半程前に
「ストラバイト結晶」という、膀胱結石や腎臓結石の「石になる前の段階」
石ではなくて結晶なの、それが尿検査で出た。
膀胱炎も併発してた。
PH数値が上がる、すなわちアルカリに傾くと
結晶が出やすいらしい。
酸性に傾くと溶ける。
同時期に花も罹ってしまったから、先生曰く
「食事の要因が大・それと体質」との事で、それ以来私なりに
かなりの注意を払ってきたつもりだった。
大好きな果物も高アルカリ性なので、心を鬼にして
たまにほんの少しだけしかあげなかった。
ラックは一度もなった事は無くて、どちらかと言うと
女の子に多いとの事・・・納得かなぁ。

ドッグフードのみの食事では水分が少ないから
夕飯は玄米おじやを炊くようになり、この食事が安定していて
検査異常が出る事もなく安心していた。

でも要注意には違いないので自宅でPH数値を常にチェックし
事ある毎に病院にも検尿スティックを持参して検査して頂いていた。

ところが今月初めに、いきなり頻尿・血尿が現れたので
スティックを持参して病院に向った。
検査の結果、「雑菌も結晶も無いので一時的な膀胱炎でしょう」
点滴&3本の注射、1週間分の飲み薬、これで
治まればOKとの事だった。
治ったかに見えたけど、またぶり返しの症状が出てしまい
先週はみっちりと通院し、私の帰省が控えてたので
「念には念を入れて」完治したかに見えてる状態でも
3回は通った。
その間も検尿は異常無しだった。
これで万が一ぶり返したらレントゲンなりエコーなり撮るとの事だった。
帰省中も全く正常で私の帰宅後も異常無しだった。
もうこれで本当に完治したものだと思い込んでいた。

それが・・・昨晩突然に頻尿&血尿が起こり
あまりに酷いので掛かり付けの夜間診療で診てもらおうと
電話したが、レントゲン&エコーは時間内しか出来ないから
今現状では夜中に来院するよりも朝まで待ってから
診察されたほうが良いとアドバイスを頂き今朝一番で行った。

先に検尿の結果を。
見せて下さったわ・・・><
キッチリとストラバイト結晶が画面に出てた。
「うぅ~ん。先週の検査では出てなかったんですがねぇ。。
膀胱炎の治療中はおのずとPHが上がってしまってるから
出ても不思議では無いのですが」と先生。そうだよね、納得。

ところが、その後のレントゲンで大きな石が3個も膀胱内にあった。
これには驚いた、脳天をハンマーで叩かれた心境で。
こんなに大きくなるまで気が付かないものなのか・・・。
私の油断か・・?
常にPH調べてたし、ましてやあれだけ検尿をして頂いていて
ストラバイト結晶すら見つからないのに
いきなり結石があるとは思いも寄らなかった。

毎年春にはみんなの健康診断として血液検査はして頂いている。
12項目のものだけど、腎臓や肝臓の数値がわかるのは
とっても有り難いし。
ところがレントゲンは何かが無いと撮ってもらう事は無かった。
春にレントゲンも健康診断に追加して頂いていれば
もっと小さな石の段階で見つかったはずだよねぇ。。。自責の念だぁ。

大きさはね、先生のご説明だと
「平面では僕の小指の爪くらいかなぁ。球状で例えるならビー玉。」
わぁ・・・・・なんたる事だ。
その後にエコー、同じ石がある・・・当たり前だけど。

「どうされますか?内科的治療は期間が長く掛かります。
それと大きさがかなり大きいので、内科的治療をしても
なかなか溶けない恐れもあります。その間の頻尿・血尿は
持続するでしょう。
手術となると年齢的なリスクはありますが、とりあえずは全部
取り除けますよね、その後の事は体質的なモノの要因が
多いからまた再発の恐れもありますが、そこまで考えてると
何も出来ませんし・・」と先生。
そうそう、こうも仰った。
「3頭が同じ物を食べてても、ちこちゃんだけ石が出来るとなると
やっぱり体質ですねぇ」と。
花は他の件で2ヶ月程前にレントゲン済みなのよね、石は無しだったわ。

このご説明をお聞きした時点で私は手術して頂いたほうが
ちこも良いんじゃないか?と思った。
これだけの頻尿が毎日続くんじゃたまったものじゃないもの。
トイレとリビングの往復をひっきりなしに繰り返し、
息が上がってしまうほどの状態なので。
それにオシッコを無理に絞ってる感じなので
いわゆる『しぶり』で痛いだろうしね。

私の気持ちは固まってたけども、一応先生にもお聞きしてみた。
「先生はどちらがお薦めですか?」と。
やはり手術が良いと仰った。
ダー様に相談してもそれが良いって言うに決まってる。
わざわざ仕事中の携帯に掛けるまでも無いわ。

「じゃ手術して下さい」
お願いしてきましたわ。

手術となれば早いほうが良いとの事で8月22日(月)に決まりました。

それまでに2回通院します。
術後の通院もあるそうです。
麻酔の醒め具合と術後の状態にもよるけれど
順調であれば日帰りだそうです。

【教訓】
尿検査でストラバイト結晶が見られない場合でも
レントゲンでいきなり結石が見つかる場合も『アリ』

しかし先生は仰いました。
「8月頭にレントゲン撮ってても、石の大きさは同じだったはず」と^^;
だよね、それはそうだよねぇ。。
けれども、早く見つけてくれていれば今までの通院の間に
手術なりなんなり決められたのではないか?と思ってしまったわ。

私は先生を責めてもいないのに先生は
「ごめんなさい、早くに見つけられなくて」と。

あらまっ!私ったら露骨に顔に出てたのかしらん?(≧m≦)

長々と。。
そういう事でした。
ちこには頑張ってもらって手術に臨みたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。