上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.30  9月も終わり


9月最後の土曜日・・・・夫は今日も明日も仕事なので
お天気の良い今日、私ひとりで花の所へ行って来ました。
花、「あれ??おとぉしゃんはいないの?」と
キョロキョロ捜してました、ちょっと可哀想~。

いつものように病院へ行って鍼をして頂きました。
帰り道にある小さな公園でのんびりと。

今日は先週とは違い、全く立とうとも歩こうともしません\(・o・)/
アザラシ走りでもなくてアザラシ歩き(?)
いったいどうしちゃったんでしょ?
コパンへ戻りスタッフの方に
「花は立ち方、歩き方にムラがありますか?
今日は全然やる気無しだったんです。」と話してみました。

麻痺の子の場合、いかにモチベーションを上げるかがポイントらしいです。
やる気を起こさせる何か・・・おやつでもおもちゃでも。

でもなぁ・・・・
花の場合はおやつを見せるとアザラシの大暴走状態になるもの。

ヨチヨチとゆっくり歩いてる場合じゃなくなっちゃうんでしょうね、ぷっ。

また変な癖が出るといけないので早めに帰りました。

4歩歩けたから今度は5歩とはいかないようです、なかなか難しいね。

草かぶれを起こしそうなのでつなぎを着せましたが、
かなりブカブカになってます。
それだけ痩せたって事ね。
これは当初の予定通りで問題ないのですが(#^.^#)
コパンの先生が
「立ち易い、歩き易い体にする為に少し体重を落とさせて下さいね。」
との事でした。
また追々戻すとの事。
これからはちょっとずつでも筋肉が付いてくれると良いな。





20060930190454.jpg

ほら♪誰も居ないんです、先週もそうでした。
ここはお気に入り。
スポンサーサイト
2006.09.29  良い香り~♪


フランシス・デュブリュイ

この秋、これでふたつ目のお花が咲きました。
ほんとに良い香りです~。
私の育てているバラの中で最高の香りのように思います。





20060929114800.jpg

ほんわか色はアンブリッジ・ローズ。
まだちょっと夏顔なのかしら?




20060929115903.jpg

こちらは花びらギッシリのプリティ・ジェシカ。
あまり知られていないようですが、
このバラもとてもよい香りがします(#^.^#)

2006.09.25  またまた


「またこれなの~~?他のバラを載せなさいよね。」
って言われそうだわ、(ё_ё) キャハハ。

これは今朝撮ったものです。
こんなに秋に咲いてくれるなんて感激で(#^.^#)

ちょっと気が早いですが私の「秋のベストローズ」は
紫燕飛舞で決まりそうです、うふ♪


産毛が生えてきてハゲが目立たなくなりました、嬉しいです。


今日もコパンへ花を迎えに行き、そのまま鍼へ行ってきました。
帰りに公園へ寄りのんびりと。
嬉しそうな花でした。



20060923200959.jpg

後ろ足を絡ます事なく4歩歩きました。
でもねぇ、すぐに絡まっちゃって後ろでXになっちゃうんだよね。
でもでも直ぐ立とうとする仕草は以前と比べ物にならないほどの
力強さが感じられるようになりました。
足を前に出す感覚もだいぶ戻ってきたようです。

歩く事ってこんなに難しい事だったんだね、花。

少しずつの進歩でも嬉しいよ、もうちょっとだけ頑張ってみてね。
2006.09.23  ドキッ♪


咲いて3日目の紫燕飛舞。
少し褪色したでしょうか、花持ちは良いほうだね。
バラを育て始めた3年前は淡い色のバラばかり植えて・・・。
その翌年にはウイリアムシェークスピア・2000とフランシス・デュブリュイを♪
その秋にはグルス・アン・テプリッツ。

濃い色に傾向気味のすみれでございます(#^.^#)

でもよく考えてみると、淡い色、濃い色両方がお互いを引き立て合って、
そう!相乗効果なんだよね。



20060923093016.jpg

同じ時間、カメラの設定も同じ、PC上の色補正無し。
2枚比べると色が違いますが、太陽の当たり方で違って見える燕ちゃんです。

それにしても・・・・優雅なバラに見えるのは私だけかなぁ。
只今ぞっこん中~♪


夫が午前中仕事ですので帰りを待って午後から花に会いに行きます。
ワクワクのドキドキ~(#^.^#)

今日もまた鍼に行こうと思います。

先週の土曜日、写真を撮ってみたのですが、
実物よりも写真のほうがお顔のハゲ具合が目立って
あまりに気の毒で載せる気持ちになりません。
皆様にご心配お掛けしておりますが、ハゲ以外は問題なく
とても元気で頑張っております、ありがとうm(_ _)m
2006.09.22  タモラ


ひとつだけポツリと咲いていました。
まだ夏顔の名残りがあるね。


花びらの外側が何者かによって食べられてしまい
破れたようになっちゃったの、残念ですぅ。
2006.09.20  秋色♪



吾亦紅(ワレモコウ)が色付き始めました。
秋ですねぇ・・・うふふ。


2006.09.15  紫燕飛舞


今朝、目が合った瞬間にドキドキ・・・
この感動って久しぶりのような気がする。

日が当たると濃いピンクです、これは赤く写ってますね。
とにかく撮るのが難しい燕ちゃんでした(^_^:)




2006.09.11  のんびりの回復
1週間経つのは本当に早いです。
昨日も花に会いに行って来ました。
コパンの改装工事も大詰めで、昨日はロビーや面会室近辺も大改装を
行っており入れません。
9月中旬辺り完成ってエレベーターに張り紙してあったよね。
もうすぐ出来上がるんだね。

さて、花を連れてきて頂きましてそのまま地下駐車場まで夫が抱っこ。
昨日は何事もなく無事に車に乗れました、ホッ。
花は大好きな車に乗れてニコニコだったね。
鍼をして頂きに掛かり付けの病院までGo~。
「帰りに公園寄ろうね♪」

鍼を刺す瞬間とても痛がるようになり、痛覚が相当戻ってきてるものと思われ、
先生も大喜びして下さいました。
後ろ足の指の間、水かきの所に鍼を刺すのが一番痛がりますね。
以前の花はちっとも痛がりませんでしたので、
「痛がってくれるくらいになると良いんだけどねぇ。。」って先生仰ってましたっけ。
やったね、痛がるようになったよ先生(#^.^#)

痛いのは刺す瞬間だけのようで、その後はジッとして15分間待てる花です。


皆様にご心配頂きました花の怪我ですが、
腫れも引きまして傷もほぼわからないくらいまで治ってました。
動物の治癒力ってすごいですね。
心の傷は・・・・昨日見た限りでは大丈夫のようでした。
あとは毛が生えてくれれば良いのですけれど。
いつも応援&励まして下さいまして感謝しています、ありがとう。

あんなに晴れていたのに病院を出る間際に土砂降りの通り雨。
帰りに公園寄ろうね~の約束はパーになってしまったの。
地面はビチョビチョだものねぇ、残念。

来週行こうね、花。
雨が降りませんように。

花と一緒に過ごす時間はあっと言う間。
夕方まですぐに経っちゃうものね。

また1週間頑張ってね、花。



2006.09.05  レンゲショウマ


日中はまだ夏の名残りを思わせる日が続いていますが、朝晩の風は
秋を感じるようになってきました。

そんな中、待ち焦がれていたレンゲショウマがやっと咲いたの。
蕾の期間の長い事・・・
暑さで溶けないかと本気で心配しましたが、どうにか夏越ししてくれました。

まだ小さな株なので蕾は6個でした。
来年も咲いてくれると良いな。

2006.09.04  ごめんね、花
昨日、掛かり付けの病院で鍼治療をして頂く為に花を迎えに行きました。

ロビーには面会の先客、お母さんとダックスの女の子。
そこにお泊りルームから連れてきてもらった花が来ました。
やった!元気そうね、うんうん♪

私が最初に抱っこして夫に交代。
コパンの獣医さんも一緒に来て下さり、最近の花の様子をご説明下さって。
それをお聞きし終わった瞬間に悲鳴が。
ん??誰の叫び???
振り向いたら花がいきなり襲われてる模様(>_<)

夫がロビーの床に花を降ろした・・・花がその犬にヒョロヒョロ~っと近付いた。
そこを一気に噛み付かれたらしい。

夫曰く、普通なら鼻に皺を寄せたり唸ったりして、
嫌がってる事を相手に知らせるものだけど、
それもなく本当に一瞬にして噛み付いたそう。

私が振り向いた時は花はもう何がなんだかわからずに大絶叫してしまい、
夫は花を抱き上げようとしましたが、相手の犬が食い付いて離さない為、
強引に離すと花が怪我をするのでそれすら出来ない。
・・・・・・なんて事だぁ。

ようやく飼い主が犬の口を強引に開けて離したのでしょうか、花は夫の胸元へ。
私は一瞬にしてパニックになり、その瞬間詳しく覚えていない情け無い飼い主でした。

噛み付かれていた場所は鼻の真上、人間で言うと鼻筋です。
とても硬くて肉が余り付いてない場所です。
幸いな事に相手の犬の犬歯は当たってなかったのか深い傷は無く、
血は滲んだ程度で済んだのですが、
毛が無い!むしり取られたようにハゲになってしまったの。
相手の犬を見たら・・・・・
少し開いている口元から歯が見え、
なんと、歯の隙間から花の毛が束になってぶら下がってました。
前歯で思い切り噛み付いていたって事ですかぁ。。。

花は鼻筋が腫れてしまい、毛が無いから地肌が丸見えで痛々しいったら。

はぁ・・・・私達がもっと注意していれば防げる事故でした。
夫が花を床に降ろさなければなぁ・・・・なんて
今更思い返してもどうしようもないのですが、後悔と反省しかありません。

花に怖い思いをさせてしまい、そして痛い目にも遭わせてしまい、
なんとも言いようのない気持ちで病院へ行きました。

花は元々攻撃性は全くなくて、他所様の犬に対しても
遊ぼう~って誘うようなフレンドリーさもゼロ。
でも昨日はその子に近づいてみたかったのかなぁ。
「こんにちは♪」とでもご挨拶のつもりだったのでしょうか。
そこを一気に襲われた花・・・・
相手の犬にしてみれば、お母さんと一緒に居る時間を、
花に邪魔されたくなかったのでしょうか。
ロングステイしてる子達は親元を離れ、寂しい思いもしながら
みんな頑張ってるんですよね。
だから通常の精神状態では無いのかもしれません。

もしももしも・・・・花だって加害者になってしまうかもしれません。

有り得ない事が起こるんですね、今後は細心の注意を払って
行動しなければいけないと肝に銘じました。

花には本当に可哀想な事をしてしまいました。
心の傷が残らなければ良いけど・・・と心配しましたが、
その後の花の様子だとそれ程のダメージは受けてないように見えて、
それが救いです。

お顔の傷と腫れとハゲが癒えるまで写真を撮る気になりそうもありません。

花ちゃ~ん、怖くて痛くて本当に可哀想だったね。
ごめんね・・・・ほんとうにごめん。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。