上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそもケージとサークルの違いは何か?
ケージは箱型で天井付き、サークルは囲ってあるだけの天井無し。
これで合ってるのかな?

となると、花が使用してる物はケージです。
花を迎える約5年前、
「留守番の時には絶対にケージレスト出来る子にしたいよね」と
夫と常々話してたんです。

何故か・・・新入りの子を私達が留守中にラックやちこがいじめないか?
誤飲や幼少時のカミカミ。
特に電気のコード等を噛むと怖いです。

で、花は難なくケージレストの出来る子に育ってくれました。

あらら、話が脱線。
問題はこのケージ。
花が退院してきてからの介護を考えると断然天井の無い物のほうが良い。
ケージの場合は出入り口の扉からしか花を出せない。
もしも奥のほうに居たら・・・引きづり出すしかない。。。
それは腰への負担が掛かりすぎてとてもじゃないが怖くて出来ない。

サークルの場合は、どうか。
天井が無いから上から抱き上げられる、うんうん、このほうが断然良い。
夫に言った。
「天井要らないよね、そしてこのケージ背が高い・・・」

「んじゃ切るか?」
・・・・なら天井が無くなる^^;

私の構想は在宅時は天井無しで使用、花の症状が落ち着いてきて
少し外出出来るようになった時(人間が)の事を考えると天井ありが良いんです。
なぜか・・・・天井無しだとちこが飛び込まないかと\(◎o◎)/
それともうひとつ。
花は留守番時
「お留守番しててね」と言うと
『あっ、そう。ふんっ』と素っ気ないんです。
でもね、帰宅時には大騒動。
ケージの中でピョンピョンピョンピョンと(>_<)
これって、ダックスにとって一番してはいけない事なんですが、
止めさす事が出来なかったんです。
帰宅時の大歓迎は、私の帰りを喜んでくれてるものなのか、
はたまた「お留守番出来たご褒美のおやつ」目当てなのかいささか疑問ですが。
おそらく・・・後者でしょうね(≧m≦)

今となれば、留守番後のおやつなんてあげる癖を付けなきゃ良かったと
猛烈に反省してます。

天井が低いとなると、ピョンピョンすれば自分の頭を天井にぶつける訳なので
それはイヤだろうと・・・となるとピョンピョンは止めるかも。
あっ・・・これは花の下半身の機能が回復した時の想定です。
望みを持ってリハビリを頑張ってもらいますね、花に。

今のケージの高さ、60cm。
小型犬用としては標準サイズですよね。
でももっと低いのが欲しいんです。
昨日はネットで探しました、色々と。
50cmが一番低い、しかも天井の取り外しが可能♪
うひょひょ、これ良いわん。
本当はもう少し低いのが理想なんだけど無いんだもん。
10cm低いとだいぶ違うよね~これ欲しいなぁと独り言。

でも取り外す天井部分の仕様を目で確かめたかったので
今日ペットショップを覗いてきました。

あったらラッキーだなぁって。
ならね、サイズ違いが展示してありました。
花のサイズは取り寄せだと。
今日発注の明日着が可能だとの事なのでお願いしてきました。

やったぁ~~まずはひとつクリア。

後は何か無いかな??
突発的にヘルニアになったのではないので、
前からそれなりの暮らし方をしてました。
だからそんなに大慌てして室内の変更をしなくちゃいけないって事が無いんです。

花が退院してくるまでに色々と考えてるんだけど
まぁ、その時その時で対応していけば良いかなって思ってます。

さてさて、新調するサークル、私の思い通りの使い方が出来るものかしら?
花も快適に過ごせる空間じゃないとダメだしねぇ。
快適ではないだろうね、狭いんだし。
でも広いサークルも考え物だよねぇ・・・難しいね。

絶対安静が3日間と伺ってはいるんだけど
退院してからはもう動いても大丈夫なのかな?
動くと言っても下半身麻痺状態なのでアザラシちゃんだけどね。
明日はこの事を聞かなくっちゃ。


今日の花。
とても元気だそうで、
「元気にお家に帰れるようにもうしばらくは預からせて頂きますね」との事。

ハイ、お願いします。
スポンサーサイト
2006.06.29  太陽が蓋(・・?
今日は先生(花の担当医・女医さん)はお休みとお聞きしてました。
ここの病院は年中無休なので先生方は交代でお休みを取られます。

「副院長先生に引継ぎしておくから、木曜日の電話は副院長先生と
お話下さいね」と伺ってたのに、
今朝いつもの時間に電話すれば、なんと!先生が電話口に。
「あらぁ~お休みでは無かったのですか?」
先生
「朝だけ見に来たんですよ」と。
頭が下がりますm(_ _)m

点滴のチューブを噛んで外そうと何度も何度もするので
もう外しましたとの事。
必要な物は注射で入れるのでそんなに心配は無いと。

それから、昨日の夕食からご飯を残すとの事\(・o・)/
信じられません、花がご飯を残すとは。
夫ともいつも話すんですが、
「花ちゃんは地震や家事が起こっても、ひとりで黙々とご飯を食べ続けてるだろうね」って。
それ程に食べる事が大好きなんです。
今まで花と暮らしてきて、一度だってご飯残した事などありませんでした。

先生
「昨日の夕食を残して、食欲が無いのかと心配したんだけど
缶詰を上げたら猛スピードで食べたと報告が。花ちゃんにやられた~」と笑って話されました。

こういう事だったそうです。
太陽のぬいぐるみでご飯の食器を蓋そうとするので
こっそりと看護士さんが見てらしたら・・・・見事に蓋をしたそうです。
中を覗いて見たら、カリカリフードが残ってたって。

そして今朝。
先生も朝食の時に見ていて下さったそうで
「太陽で上手に隠すんですよ~、もうびっくり!
そのしぐさが笑えて笑えてね、看護士と大笑いしたんです。
太陽のサイズが丁度良い感じに食器に覆いかぶさってね、
それはそれは見事に乗せるのよ~」と。
私も笑えてしまって電話口で先生と大笑いしたんです。
こんなに笑えるようになったのも、花の頑張りはもちろん、先生方を初め、みなさんのお陰ですね。

先生
「太陽に頭を乗せて寝てたり、あごを乗せて寛いだりしてたんですが、
枕が蓋~!蓋よぉ。面白い子ねぇ」と。
「手術後に食欲なくて体力付かないといけないから
今朝も缶詰を上げたんですが、すんごいスピードで平らげてました」と。
「まんまと花ちゃんの術にはまったようですね、知能犯だわ」って。

「食欲がないとは思えなかったんですけどね、だって、クッキーは
バクバク食べるんですもの」と。

うふふ、花ちゃん、大成功のようね。

「これでお家に帰ってからの食事でお母さんに迷惑掛けないかな?と
心配なんですが・・・グルメに変身しないかな?」と。

無い無い、有り得ません。
大丈夫、花はなんでも食べる子なので。

そんな些細な事まで気遣って下さり、有り難いです。

「花ちゃん、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけだけど
私に懐いてきてくれてます。またポイント上がってるはずよ、花ちゃんの」と先生。

こんな風にお話して下さると、手に取るように花の事がわかり
本当に有り難いと思ってます。

当初はかなり弱り気味の私でしたが、
もう大丈夫!ご心配お掛けしました。

やっと庭の花を見る余裕も出てきました。
2番花がチラホラ咲いてます。
でもねぇ、チュウレンジの幼虫がウジャウジャ、
ホッソーも居た~、スリップスも現れてます、もうそんな時期なのね。

数日間放ったらかしだったものね。
時間のある時に色々やっておきたいのですが、
すんごい暑いんですっ。
クレマチスの剪定を少ししたんですが、暑すぎて逃げてきました。

ボチボチとやっていきます(#^.^#)
2006.06.28  食欲旺盛
「面会は花ちゃんの都合で」と先生。

昨日の夕方、病院へ行ってきました。
その前にお電話下さいまして
「病院食では味けなくて可哀想だから、花ちゃんの好きな物を
持ってきてあげて。ご飯でも良いよ。おやつでも良いし。」との事。
「好きなおもちゃもね」って。
うわぁ~~そんなの良いの??って感じ。

ご飯は花の場合、カリカリフードでもバクバク食べる子なので
その点は心配してませんでした。
こういう時に「あぁ、完全手作り食にしてなくて良かったぁ」と。

玄米クッキーと太陽のぬいぐるみを持って行ってきました。
アリィさんが送ってくれたお守りも一緒に。

実は日曜日に行った時に先生が「花ちゃんのお顔見てから帰って下さいね、
でも遠くからしかダメ。気付かれないようにね」と。
私の顔を見て興奮し腰に悪影響を及ぼすのは一番怖いとの事。
術前だったので。

そ~~~っっと遠い所から花のケージを見た瞬間、
私の涙腺は激しく決壊し・・・・・
「もう退院の日まで会わない」と思ったのでした。

先生もそれをご承知下さってたし、夫も仕事で病院に行く事が出来ないのを
事前にお知らせしてあったので
昨日の術後、麻酔から醒めた頃の花を
写真に撮って下さいましてプリントアウトして下さってたんです。
「お父さんに持って帰ってあげてね」と。

他にも術中の写真を色々と・・・
生々しい写真なんですが、
「見えない位置の手術ですので、こうやって残して飼い主さんに
見て頂くんですよ」と先生。
花を苦しめた憎きヘルニアの部位もくっきり鮮明に・・・。
CT画像でのご説明でもう充分だったのに、そこまでして下さるなんて。
ほんとに良心的な病院だと思いました。


で、昨日の夕方。
先生が「今は花ちゃん寝てるから目を合わさずに済むから
見てやってくれる?」って言って下さったの。
勇気を振り絞り花の様子を見てきました。
ほんと、グーグー寝てました。

もし起きてても・・・私、ひょっとして大丈夫だったかも。
手術が無事成功して嬉しかったしね。

そうそう、面会の事。
花の都合と言うのは・・・花次第なんですって。
花が精神的に参ってきたら会ってやって欲しいと。

でもそれぞれのワンにタイプがあって、会った瞬間に
「わーー!お家に帰れるのね」と大喜びしてしまい・・・
でも飼い主さんはそのまま帰宅・・・入院は続くわけで。
こう言った状況の時に、ワンが大パニックに陥る事があるそうです。
例を挙げるなら。
飼い主さんがお帰りになった瞬間から、泣き喚く、大暴れ、
特に腰が悪い子の場合は術後3日間は絶対安静らしいのですが、
その期間に大暴れされようもなら怖いとの事。
強烈なストレスで体調を崩す子も居るそう。
良かれと思った事がアダになるケースもあるから
面会は慎重に・・・とのお考えのようです。

さてさて、花はどっちかな?

毎朝9時前に私のほうから先生にお電話する事になってます。
その時に「花ちゃん落ち込んでるから会いに来てあげて~」とか、
「元気だからこのまま大丈夫そうですよ」とか
先生が指示を出してくれるとの事です。

そして今朝の電話の内容。
先生
「花ちゃん、とっても元気でね、ご飯もバクバクすごいスピードで食べて
おやつもバクバク、アハハ、とっても良い感じ。
ただねぇ、元気すぎるのが怖い」って\(・o・)/

どうやら・・・シーツ交換等で看護士さんに抱っこされた場合、
動ける上半身で大暴れするらしんですわぁ、トホホ。
先生
「何のために暴れるのか?物凄い馬鹿力なんですけど」と謎めいていらっしゃいましたが、
多分・・・
「抱っこしてくれるなーーー!早く落ろしなちゃいよ!」と怒ってるのでしょう(≧m≦)
余程じゃないと懐かないタイプなんですよ、花は(^-^;)

花へ・・・3日間は大暴れしたらダメだよ、安静安静。

こんな近況です。
病院には全幅の信頼を寄せてお任せしておりますので
私としては今とても安心しています。

退院の日にちも「花ちゃん次第ね」との事。
花の術後の経過次第になります。
急いで家に連れ帰るより、病院のほうが安心というのもありますしね。

なんでも花次第です、ハイ、それが一番ですものね。

人間の都合ではなくて、花の都合を最優先にして
物事を考えて下さる先生、ほんとうにありがとう!


2006.06.27  感謝
ご心配、そして応援して下さいました方々。
お陰様で花の手術は無事に終了しました、有り難い事です。

「花ちゃんが頑張ってくれたお陰で成功しましたよー!」って
先生が仰って下さいまして、本当に心から感謝します。

とりあえずは一山越えました。
本当にありがとうございました、心よりお礼申し上げます。
2006.06.26  追記
ご心配お掛けしております。
結論から言うと手術は明日に延期となりました。

CTによる脊椎造影検査(犬は全身麻酔)の後、そのまま手術の予定だったのですが、
CT検査の段階で、花の脈拍が上がったり下がったりしたそうです。
危険を回避し手術は延期、そのまま覚醒して下さったそうです。
先生の呼び掛けに少ししっぽも振ったそうで、深部痛覚麻痺までには
至ってない事も判りホッとしています。

今日・明日両日の全身麻酔は小さな身体に負担であるのは事実なんですが、
それ以上に今日、脈が乱れたまま手術をするほうがリスクが高すぎた為に
明日に延期と決断して下さった訳です。


CT検査は神経が圧迫されている患部特定の為です。
その結果、患部は1箇所だそうです、助かりました。

今現在は痛みも無くそれだけでも救いです。
痛がるのは見ていられませんので。


明日夕方以降、花の手術の結果やCT画像等を見せて頂き
先生のご説明を受ける予定となりました。
見えてない部分の手術の為に、飼い主さんに納得のいく説明をするとなると
電話よりもやはり直接説明をしたい・・・との旨でした。

花は目をクリクリさせて元気だそうです。
明日もどうにか手術に耐えて無事に生還してくれますように。

覗いて下さいましてありがとうございました。




我が家のワン、末っ子の花が椎間板ヘルニアによる下半身麻痺になってしまい
今日の午後から手術になります。
無事に終了すれば1週間後に退院となる予定です。
人間のヘルニアとは少し違い、
犬の場合はたった一晩で一気に下半身麻痺になるとても怖い病気なんです。
その中の6~7%の子が「進行性脊椎軟化症」という症状で命を落としてしまいます。
急速に脊椎が溶けてしまい手の施しようもない症状だそうです。
それにはならないでほしいと祈るのみです。


1歳半の時に発症、その時は軽度だったので内科的療法で事無きを得たのです。
それからも軽い痛みの症状は時折あったのですが、
幸運にもその度に乗り越えられていたのです、しかし今回ばかりはダメでした。

今5歳・・・3年半もの長い期間、毎日毎日不安との戦いでしたので
急に襲われた不安やとまどいと言ったものは無く、ワリと冷静で居ます。

夫が
「命だけ助かってくれたらそれで良い・・・家に居てくれるだけでありがいたい子なんだから」
と言いました。
歩けなくても良い、車椅子でも良いじゃないかと。
ほんとにその通りなんです。
でも・・・・手術が成功したら今度はリハビリ、出来るだけの事をしてあげて
なんとか機能回復してくれないだろうか。。。と思うのが親心でして。
まだまだ残りの犬生は長いです、花だって自分の4本足で歩きたいよね。

術後1ヶ月までがポイントらしいんです。
それまでに麻痺してる下半身がどれくらいまで回復するか。
鍼とレーザー治療でかなり効果が上がるそうです。

なんとかしてあげたい、いぇいぇ・・・したいんですよ私が。
やるだけの事を出来る時にしたい。
後悔はしたくありませんもの。

高速を使って片道45分くらい掛かる病院ですので
毎日の通院はちょっとハードでしょうね。
自宅でのリハビリも可能な限り、出来る範囲でしたいとも思ってます。
今の気持ちは、許せる時間の全てを花に使いたいと思ってます。

そんな事ですので、しばらくこのblogはお休みします。

正直なところは・・・心ここにあらず。
ワリと冷静でいられるなんて言ってますが
それは強気発言でほんとは・・・・

でも現実を受け止めて家族と共に乗り越えたいと思ってます。
また花の笑顔が見たいですから(#^.^#)

みなさんの所へはお邪魔して覗かせて頂いてます。
ひとときの安らぎを求めたくて。

種の発送はしばらく時間を下さいませm(_ _)m

落ち着きましたらまた再開したいと思ってます。

2006.06.23  あぁ~怖っ!
先日擁壁に這わせたダッチェス・オブ・アルバニーに蕾が付いたかなぁって
ふと頭上を見ると・・・\(◎o◎)/



動揺しすぎて心臓バクバク、カメラ持つ手はブルブル。。。なのでピンボケで失礼(^-^;)

現れましたわ、カミキリムシ。
私はこういう甲虫系は大の苦手で怖いんですの。
いまだにコガネも素手ではとてもじゃないけど触れません。
最近やっとやっとマメコガネだけは触れるようになったんだけどね。

ふぅ・・・こいつをどうやって捕まえるか?まずはハシゴを準備。
軍手しようっかな~・・・でも怖い。
ビニール袋を持ってきて、その中に手を入れて掴み取る作戦に出た。
ならね、掴み損ねちゃたらカミキリムシは下にボトンと落ちました。
ラベンダー・ラッシーの株元で無事捕獲成功。

それにしても怖かったわん。

コヤツは卵生む場所って株元なんですよね?
もう生んじゃった後なのかな?参ったわぁ。


『乙女の舞』 ・・・・のはずだったヤマアジサイ


6月10日撮影

5月の初め頃に買い求めた「乙女の舞」のタグの付いたこのヤマアジサイ。
タグと言っても写真入りではなくて名前だけ書いてあるもの。
小さな蕾付きの苗だったの。
どんなお花が咲くのかわからないまま買っちゃった訳なのよねん。

それからネットで色々な方が撮られてる乙女の舞の写真を拝見し
「あぁ~こういうのが咲くのね♪」と開花を楽しみに待ってたの。

そして・・咲いたお花がこれ。
乙女の舞じゃないのよねぇ・・・・でもね、これはこれで可愛いと思うのよ。
しかし・・・違うものは違う。
園芸店に問い合わせてみたの。
私は単なるタグ違いかと思ってたし
本物の乙女の舞があれば交換して下さるかもだしね。
なら・・・今現在2鉢残ってるけどもそれも↑と同じお花が咲いてるとの事。
(・・?
どうやら入荷した全ての「乙女の舞」は
乙女の舞じゃなかったらしい。
生産者さん側のミスのようね。

只今このヤマアジサイの品種名を調査して下さってるところ。

あなたは何て言うお名前??答えてくれたら嬉しいんだけど。
2006.06.21  種♪


原種シクラメン・コウムの種が採れました。
多いのか少ないのかわかりませんが、多い!

この種が全部球根に育ってくれるか?って思うと・・ひゃ~~。
我が家はコウムだらけになってしまいます。
なので、そこのア・ナ・タ♪ そしてそちらのア・ナ・タ~♪
ハイ、種をお送りいたしますので蒔いて下さいね。
アハハ、強制的だぁ~(ё_ё)

蒔き時は9月中旬以降~11月辺りだそうです。
むむむ・・・それまでどうやって保管しておけば良いんだ?
種蒔き無知人間なので、どなたか教えて下さいませm(_ *)m


2006.06.20  あれれぇ~?


なんだか微妙~~にグラスが傾いて見えるんだけど・・・(・・?
アハハ、私の身体が傾いていたのか、はたまたカメラが傾いてたのか・・ぷぷ。

クリスパA子さんと赤い壷のほうはテキセンシス・Mシリーズです。
プロフィール画像の赤いのがこのテキセンシス・Mなんですが、
壷の形がぷっくりとグラマラスに変化してきたんですよ、ここ最近。
株が充実してくるとぷっくりするのかな?
2006.06.19  花と遊んで


お天気が良いと気分がウキウキしますね。

切花に使えるほどたっぷりと咲いてくれているロマンティカ。
何も考えずに投げ入れても、ツル性植物の成せる業(?)なのか、
それなりに良い雰囲気を醸し出してくれるように思います。

室内写真が苦手なので庭で撮影してから部屋に飾りました。
こんな些細な事ですが幸せを感じます~(#^.^#)

2006.06.16  今日のクレマチス


昨日夕方から今朝方まで凄まじい雨でしたが、壷系のクレマは雨に強いから安心です。

這沢
こんなにたくさん咲いてくれて嬉しいです(#^.^#)




20060616125832.jpg

クリスパB子さん、初開花です。
A子さんと2株同時に購入したので、ナーセリーも同じなんだけど
やはりよく似てますね。
B子さんのほうが弁先の色がちょっと濃いかな。



今頃まだ咲いてくれてるプリティ・ジェシカ。

最初3つほど咲いた後、なかなか蕾が大きくならなくてやっと今♪
えへへ、2番花じゃないんだよ、まだ1番花なの。
なんでこんなに遅くなったんだろ・・・まぁ今年の気候ではねぇって
思ってたんだけども、
今朝突然思い出しました!

このプリティ・ジェシカは昨秋に
根をコガネの幼虫に全部食べられてしまってて、
白根は全く無い状態で植え替えたんだった。
すっかり忘れてたよぉ(^-^;)

だから最初に咲いたお花はちょっと淡白なお顔してたのね。
カップも浅すぎたし。
今回は花びらもたっぷりだしディープカップ、
なかなかの美人さんでした~♪



ロマンティカ

4枚弁と5枚弁が縦に並んでたので。

花びらの1枚の差って大きいですね。
雰囲気が全然違うもの~。
6枚弁もあります、そのお花によって枚数は色々のようですね。





20060614115005.jpg
先日載せたルブラよりも花形が安定してきました。
あのままだったらどうしましょ?って心配してたんだけど
初花ゆえの変形のようでした、ホッ(#^.^#)


今日は久しぶりに少しだけ太陽が出てくれました、やっぱり晴れって嬉しいね。



ロマンティカ

陽が当たるとこれくらいは見えます。
でも陽が向こうに行っちゃった後や曇りや雨など・・・
夫曰く
「咲いてる事すらわからん」  トホホ(~0~:)


擁壁のコンクリートが暗くしてしまう原因のひとつだね。
ラベンダー・ラッシーとのコラボを想定して
このロマンティカの色に期待したんだけどなぁ。
ラッシーはもう陰も形もありませんの、私の構想はあえなく撃沈。

色は渋くて素敵、花持ち抜群、そして多花性。
見えにくい写真ですが、蕾がたくさん付いてるんですよ。

来年は違う場所に這わせよう。
ロマンティカが綺麗に見える場所にね(*∩∩*)




20060612112342.jpg

クリスパA子さん♪

ふたつ仲良く並んでたのでパチリ。

2006.06.10  クリスパ


昨日春日井さんに行ってきて選んだクリスパ。
クリスパC子さんって事で♪

落ち着いたローズ色です。
弁先がこれ以上反り返りません。
クルクルしてるクリスパも好きですが、これくらいの感じも良いですね。
一言で表すなら・・・・とても落ち着いた雰囲気があります。

もうポロッと落ちる一歩手前なので褪色してこれくらいの色って事ですね。

咲き始めはもう少し濃く咲くのではないかな?と思います。






20060610165221.jpg

ヒラタアブの幼虫を見かけなくなってから何日くらい経っただろ。
最近ミニミニヒラタさんが飛んでます。
まだすごく小さくて風が吹いても流されてしまうほど。


2006.06.09  今日の壷♪


クリスパ・A子さん

初花から数個咲きましたが、だんだんと色が濃くなってきたように思います。
縦縞が入ってるのよね、クルリンした裏側は白じゃなくて外側花弁の色。

渋くていぶし銀のような風合い・・・こんな渋めも良いなぁ。
↑オィオィ、全部良いのね。

クリスパも色幅が相当あるようなので、
ピンクのクリスパも良いなぁ~って思うのですが、
チビ苗購入だと何色が咲くかわからないものね。

朝から降り出しそうな空・・・午後は土砂降りの雨でした。
こちら東海地方、梅雨入りの発表がありました。
心身ともに滅入りそうな季節到来ですが、元気に乗り切りたいものですね。



春日井さんからのチビ苗アディソニー、なんと1個の蕾が付いてくれて
咲きました~。
大きいほうの株(アディソニーA子さんと呼ぼう)の壷の質感は
艶々してるのですが、
このチビ助ちゃん(アディソニーB子さんにしようね)は
マットな質感ですね、そしてスレンダーです。
株が(根が)充実すれば色や形に変化が現れるのかな?
今後にも注目したいです。

アディソニーC子さんはクロネコ便によりお嫁入り致しました(#^.^#)
可愛がってもらうんだよ~。




20060608215504.jpg

這沢

次から次へと蕾が上がり、ずっと咲き続けてます。




20060608220325.jpg

テキセンシス(M)

このテキセンシス、うもーりーさんから持ち帰った当初は
細身の壷型だったんですが、
近頃はプックリとふくよかに咲いてます。




アディソニー

最初咲いてた頃より赤味が一層増してきた感じ。





20060607110154.jpg

(・・? なんか変なルブラ

あらら、こんなお花なのかしら?
幅広の4枚弁で咲くのをイメージしてたんだけど
なんだか勝手気ままにクリクリしてクシャクシャ~って見えるわヾ(;´▽`A

咲いてるお花を見て購入したのではないので
ちょっとイメージとかけ離れて咲く場合がありますね。
でもでも残りの蕾に期待しましょ~♪




柏葉アジサイ

今年は花穂が1本しか上がらなかったの。
栄養分がその1本に集中してしまったのかどうかはわからないんだけど
とにかくでかい!でかすぎ\(・o・)/ワア!

花穂の一番太い部分の円周(?)を測ってみたい気がするけど怖いから止めておくわ。

こんなに狭い庭なのにお化けのように巨大で咲いてくれちゃったもんだから
なんだか異様な風景であります・・ハイ。






山アジサイ 七段花

先日よりもピンクが乗ってきました。




2006.06.06  小さいんだよ~


エレバン

今年初めて植えたエレバン。
想像してたよりも小さなお花で、花茎が細いんです。
蕾が揺ら揺らしてる姿を見ると、まるで風鈴オダマキのよう。
全体的に繊細なイメージのクレマチスですね。




春の芽出し直後、新芽も葉もチリチリになってしまい
挙句には3本の主幹の内、2本は枯れ込むという悲惨な状況にしてしまった。

それでも数個の蕾を付けてくれたんだけど、今度はうどん粉病の重症(-"-)
蕾まで真っ白でどうしようもなくカットした。

もう今季・・・と言うよりも今年は絶望的だと思ってたんだけど
1個だけ蕾を付けてくれたの。
大事に大事に見守りながら。

やったぁ~♪
やっと咲いてくれたよ。
一人前に縞々も携えて(#^.^#)

本来のお花とは違うけど、よくもまぁ咲いてくれたと思うとね、
愛しくさえ感じます。

オノリーヌ・ド・ブラバン

また大切なバラの1本になりました。


今現在、一本杉状態のオノリーヌ様(≧m≦)
なんとかシュートが出てくれないかなぁ・・・期待します。


梅雨に入る前のここ数日間は良いお天気が続いてます。
でも今週末辺りには入梅になるだろうと天気予報が。

バラも一段落し、心なしか虚脱感がありますよね。
急に暑くなったりと体調を崩しやすい時期でもあります。
どうぞ皆様もお身体ご自愛下さいませね。

アジサイが咲き出すと・・・・6月ですねぇ・・・しみじみ。


山アジサイ “七段花”
2006.06.04  フェア・ビアンカ


安心して見ていられるバラ・・・・・そんな気がするフェア・ビアンカ♪
今年は咲くのが遅かったです。

なぜ安心感があるかと言うと、開ききっても「あらら、大変!カットしなきゃ」ってならないの。
咲き進むと哀れなお姿になってしまうバラってありますよね。
フェア・ビアンカはそうじゃないんですよね。
散るまで綺麗だと思うわぁ。

中輪よりももう少し小ぶりで咲きますね、我が家の場合は。
主張せずに他のバラに馴染んで・・・樹形も小ぶりだし。
やっぱり好きだわ、ビアンカは。

安心しすぎて撮るタイミングを逃して↑のように開いちゃったの(~0~;)

そしてそして、安心しすぎてこのまま散ってますヾ(;´▽`A``



2006.06.03  庭の花を摘んで



好きなお花ばかりで生ける瞬間って・・・最高のひとときです。

そうそう、だいぶ前に購入した「千日小鈴」
あれ以来絶え間なく咲き続け、ドンドン蕾も上がります。
ちょっとしたアレンジの時にあしらい易い花茎なので重宝してます。
小さくて丸いのが千日小鈴です。

クレマチス・アディソニーは咲き進んで褪色し、淡くなってます。
テキセンシス(実生)は、やっとやっと実物の色で写せたような気がします。
可愛いんだよ~♪

画像差し替えましたm(_ *)m





20060603111510.jpg

紫燕飛舞が不調の中咲いてくれたんだけど
あらら・・・とっても淡い色でした。
本当はもっと濃いのよね。
もうこれ以上株に負担掛けるもの可哀想かと思って切りました。

左から・・・マダム・フィガロ  マダム・ブラヴィ  紫燕飛舞
葉物はシュガーバイン♪



     


昨日夕方に少し開きかけてたロマンティカ。
今朝見たらすっかり咲いてたの~。
シックな色で良いわ~良いわぁ。

このロマンティカ、ツルの下のほうでも蕾たくさん付けるんだね。
初めてだからわからなかったわ。
もっと上のほうで咲いて欲しいなぁ。
そうそう、とっても多花性なのかな?たくさんの蕾にニマニマ~♪




20060602060049.jpg

20060602060019.jpg

ホワイトローズガーデン

白ばかりの爽やかなコーナーです。
素敵ですよね~♪

この3枚をUPするの忘れてたので追加です(^-^)



ターシャの庭

いつ見ても自然で素敵です。
ホッと癒される空間ですね。




20060601180535.jpg

ターシャの庭から続くオールドローズの小径

開門と同時に入ったので人も少なくてのんびり見る事が出来ました。
でも私が帰ろうとしたお昼頃にはかなり混んできてました。
園内滞在時間3時間、バラの香りに包まれて幸せなひとときでした。

帰りにブルーのバラのソフトクリームを頂きました。
お味は・・・・ブルーのお味(?)でした(^^♪





世界のバラ園




20060601174751.jpg

その中にデルバールのコーナーがあります。



20060601174834.jpg

中央にこんもり見えるのがマダム・フィガロ



20060601174915.jpg

びっくりのビッグサイズで咲いてました。
我が家のマダム・フィガロは中輪で咲いたんだけどねぇ。
花フェスタのバラ達は生育が良いからお花も大きいのかな。




20060601174958.jpg

フィガロのネームプレートね♪




20060601175204.jpg

ギヨのコーナーに行くとルイーズ・オディエによく似た可愛いバラが~。


20060601175243.jpg

横顔も良いね。



20060601175324.jpg

蕾も可愛い!



20060601175426.jpg

キャサリン・ギヨでした。
植栽されてるギヨのバラの中で、このキャサリン・ギヨが一番好きだったわ(#^.^#)

今日の最高気温の予想・30度。
暑いだろうなぁ・・・と思いつつも行って来ました、花フェスタ♪

ちょっと足の具合が悪いので早めに切り上げました。
とても園内全部は回りきれません。
えっと・・・西ゲートから入り、半分位しか見てないの(^-^;)




20060601142336.jpg

20060601142303.jpg

20060601142212.jpg

4枚とも「ジョセフィーヌのバラ園」です。
素晴らしい風景・・・・ため息が出ました。

少ない枚数しか撮ってこなかったのですが
画像整理しましたら追加したいと思ってます(#^.^#)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。