上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050430132032.jpg

世間はGWで、お出掛けして楽しまれてる方が多いかな。
我が家は自営故、毎年GWはお仕事で・・・
でも家にお篭りが好きな私は何も苦にならない。
お家で好きな事をして・・・と言ってもバラに遊んでもらって(#^.^#)

蕾は無いかな~と探してたら、発見!!!
これが噂のヒラタアブなのね。
バラを育てるまでは気にも留めなかった。
でもこのヒラタアブがアブラムシの居る所に卵を産み、
その幼虫がアブラムシを食べてくれると言う、なんとも働き者の
益虫らしい。
ガーデナー達に大歓迎されてるとの事。
まだまだ知らない事がイッパイだね。

でもなんでバラに止まってくれないの?
ここはクレマのモンタナなんだけど・・・
アブラムシはここには居ないのよ。

20050430132000.jpg

オールドブラッシュが咲いてくれた。
綺麗ね、どうもありがとう♪

朝はまだ蕾だったけど、この気温であっと言う間に6分咲きってとこ。
まだ蕾があるから楽しめるね。


スポンサーサイト
20050429105851.jpg



待ち焦がれてたフランシス・デュブリュイの開花。

今朝5時半頃見た時にはまだ蕾は開いて無かった。
6時半くらいにもう1度見たら咲いててくれた~♪♪
わずか1時間の間に開くのね。
胸の高鳴りと言う言葉があるけれど、まさにそれだった。
お家に戻りカメラを持って外に飛び出した。
たった1輪でも濃厚な香りが辺り一面に漂い、なんとも幸せな気分。

このシックな渋い色合いのバラが欲しくてお迎えしたデュブリュイ。
期待通りの、いや、期待以上の花を見せてくれた。
ベルベットのような質感、ダークな黒赤、ほんとに大人色だね。

2005年の開花第一号、今日はとってもハッピーな一日。
何度も見に行ってる私('-'*)


20050429105942.jpg

太陽の当たり具合で微妙に色が違う。
朝陽を浴びてキラキラと綺麗ね。

20050429105914.jpg

まだもう少し掛かるけど、淡い色のバラも咲き出すと、
それぞれの色が引き立て合って、もっと良い雰囲気になるかな?

こんな事を考えてる時って、ほんとうに幸せな気分だわ(#^.^#)

ガーデニング歴は少々あるんだけど、バラ育てはまだ2年目の初心者。
バラの休眠期である厳冬にしか出来ない作業もある。
寒がりの私が、辛いとも寒すぎてやりたくないなんて事も思わずに
その作業が出来るのは、春にバラの花に逢いたいから。
春を待つ楽しみも今まで以上に大きくなった。
棒切れにしか見えないバラの枝から、春になると新芽が吹き出し
そこに可愛い蕾を付けて綺麗な花を咲かせてくれる。

バラを育てる事が出来るようになって良かったと心の底から思ってる。

綺麗なモノを見て『綺麗~』って思う心をいつまでも持ち続けたいな。
20050428192629.jpg

フランシス・デュブリュイ

朝見たらガクがほどけてこの姿♪
香りも漂ってきて夢見心地の朝を迎えられて幸せ。
後2~3日もすれば咲いてくれるのだろうか?

実物とほぼ同じ色が出せたかな?と思う自画自賛の1枚('-'*)
この黒赤色・・・独特の雰囲気だね、ちょっぴり大人チック。

20050428192650.jpg

コント・ド・シャンボール

少し長細い蕾だね、この中に100枚もの花びらが
詰まっているなんて信じられないくらい。

20050428192711.jpg

黒花フウロ

玄関前では日照不足なので、今日はお日様に当てて。
また違った色に見える・・・色んな顔を持ち合わせて。

2005.04.27  旅の想い出
20050427233217.jpg


旅の思い出をもう1枚。

世界遺産に指定されている、岐阜県・白川郷の
合掌造りの集落。
お土産屋さんがイッパイあった。
みたらしだんご・五平餅や、飛騨牛の串焼きなど、
散策中でも良い香りに包まれて♪

この屋根の維持はとても大変だと聞いた。
一般の民家もあり、あれだけの観光客が見学に来ていると
生活される上でもご苦労があるのだろうと思う。

20050427231125.jpg

チューリップも終盤だね。
記憶喪失のチューリップは、やっぱりピンクダイアモンドだった。
当たっていたのでホッとしたりなんかして^^;

チューリップとバラの鉢を置き換えて、
いよいよバラシーズンの幕開け。
狭いスペースにバラの鉢がひしめき合って、なんとも
息苦しそうになるけれど、近日中に配置換えをしよう(#^.^#)

2005.04.26  ミヤコワスレ
20050426220647.jpg

ミヤコワスレ

祖母の好きだったミヤコワスレを今年初めて植えた。
今までは育ててみる気になれなかった。
祖母が亡くなってから、このミヤコワスレを見るにつけ
どうしても泣けてきそうで仕方が無かったから・・・。

今やっと笑って見る事が出来るようになった。
だから植えたいって思えたのかな。
小さな苗を一株だけ植えたのだけど、昨日お花を見せてくれた。
毎年綺麗に咲いてくれると嬉しいなぁ。

祖母と同じように凛とした姿は素敵だと思うよ。

20050426220707.jpg

フランシス・デュブリュイ

4月2日に蕾を発見して以来、やっとここまで大きくなり色付いてきた。
来週辺りには咲いてくれるのだろうか・・・ワクワク♪
あぁ・・・待ち遠しいわ~(#^.^#)一番乗りのバラが咲くのって
こんなにもワクワクするものなのね。

  今日の蕾発見♪
    セント・セシリア

20050425222022.jpg

からくり屋台

旅の思い出をもう1枚残しておこう。
岐阜県高山市のからくり屋台。
春の高山祭はもう終っていたのだが、特別に屋台が出てる日に
当たっていたようでラッキーな事に見る機会に恵まれた。
20050425222053.jpg

クレマチス・モンタナ・メイリーン

大きな蕾を付けた状態で帰省していたものだから
とても気掛かりだったけど、帰宅早々に見てみたら
なんと!綺麗に咲いてくれていた。嬉しかったよ~。
20050425222120.jpg

メイリーンをアップで。
この淡い色合いはなんとも素敵。
香りも良くてお気に入りなんだけど、ジャングル化してきて
管理が大変だわ。
クレマは強剪定出来る品種に限りますね、だって楽チンだもの。
でもモンタナ系は好きだから♪
そうそう、香りはバニラです。
20050425222139.jpg

黒花フウロ

この渋系の色って独特だと思う。好みも分かれるだろうね。
じっと見ていると引き込まれそうな色合い。
こんな渋系があっても良いと思うな、大好き^^
和風の椅子にちょっとおすまし気味で・・・・綺麗ね。

留守の間にたくさんの蕾を付けてくれていた。

 今日の蕾発見♪
 
  ブライス・スピリット
  コテージローズ
  ウィリアム・シェークスピア2000
  ファンタン・ラトゥール
  グラミス・キャッスル
  シャリファ・アスマ
  ラベンダー・ラッシー
  ヘリテージ(劣悪な環境下でも蕾を付けてくれたので
         あなた様には感謝状を差し上げます♪)  

2005.04.24  帰宅して・・・
20050424232427.jpg

祖母の七回忌法要が滞りなく終り、親族と旅に出た。
福井県にある、曹洞宗大本山・永平寺参りに。
お天気に恵まれ、荘厳な風景も穏かなり。
20050424232731.jpg

加賀・一向一揆太鼓

宿泊先は石川県加賀市にある山代温泉内の和風ホテル。
こちらで行われた太鼓が素晴らしかった。
石川県と言えば、能登の「御陣乗太鼓」が余りにも有名だが
それとほぼ似てる気がした。
お腹の底から響き渡る太鼓の音色は心地良くて
いつまでも聞いていたい心境になった。
20050424232902.jpg

兼六園

翌朝は金沢市の兼六園まで。
広大な園内は素晴らしくて、新緑も芽生え最高の景観だった。
20050424233007.jpg

臥龍桜

岐阜県高山市まで足を伸ばし2泊目のお宿へ。

樹齢千百年にもなる、国の天然記念物「臥龍桜」は
1本桜と言えども、その風格は言葉は要らないと思えた。


2005.04.20  終日の雨・・・
早朝からの雨がまだ降り続いてます。雨脚も強くて
昨日開いたばかりのチューリップも心配だわぁ。
黒花フウロ、今朝見たら一輪咲いていた、嬉しい♪

 さて、こちらを覗いて下さってます皆様へ。

明日早朝から実家の法事の為に帰省します。
その後少し旅に出ます。
24日(日)の夜に戻ります。

お花の水遣りはダー様が引き受けてくれるので安心。
けど・・虫まで退治してくれそうも無いからね、不安^^;

4日間の留守で管理不行き届きになり、blogなどは
いたずらには遭わないだろうなぁ・・・とは思いますが、
念の為にこちらへのコメントは書き込み出来ないように
設定していきます。
失礼をお許し下さいねm(_ _)m

また戻りましたら時々でも覗いて下されば嬉しいです。

《黒花フウロのコメントを寄せて下さってたMさんへ》

早い時間にお返事を読んで下さっていれば幸いですが
現在の設定ではコメント欄を読んで下さる事が出来ません。
とんでもないご無礼をお許し下さいね。
2005.04.19  暖かくて
20050419142523.jpg

咲いた咲いた~やっぱりあなたはファンシーフリルスだったのね(#^.^#)
記憶の悪さを嘆き悲しんだけど、合ってて良かったわ。
20050419142542.jpg

あなたもアンジェリケだったじゃないのぉ~ホッとしたわ。
20050419142557.jpg

全体はこんな感じ。

  今日の蕾発見♪
   アンブリッジローズ・No.2(大好きだから2本あります)

20050418144311.jpg

オールドブラッシュの蕾。

真ん中の大きな蕾が少しばかりほころんで色が付いてきた。
やっとここまでだね、随分じらしてくれるのねぇ(#^.^#)
この品種は相当細い枝にも蕾が付くようだ。
細い枝を残したのではなくて、細い枝を出してそこに蕾が
付くと言う感じかなぁ。

細すぎて今現在でも枝垂れ気味だわぁ^^

枝垂れると言えば、グラミスキャッスルを思い出す。
2番花以降も頻繁に蕾を付けてくれた。
秋頃には相当細い枝先にも蕾が付いて、うなだれ気味でも
頑張って咲いてくれてたよねぇ♪
そのグラミス、いまだ蕾出ず。

 今日の蕾発見♪
  タモラ
20050417211602.jpg

このわずかのスペースにピエール・ド・ロンサールは植えられている。
とてもお気の毒で仕方が無いのだが・・・許してねぇ。
白い物体はエアコンの室外機。
なので、ここの下は根の張れるスペースはあるのだが。。

他のバラ達のように頻繁に目が行き届かないのも現実。
でも昨日は蕾を4個くらい見つける事ができた。
こんな狭い所に植えなくてもって思うのだが、
擁壁に近くて地植え出来る場所というのがここしか無かった(≧m≦)
20050417211635.jpg

一番目の画像と同じロンサールなんだけど
アングル違いを。
この擁壁の壁面に誘引したいのが私の希望なのです♪
この壁面、西向きで条件はとても厳しい。
ここに今誘引してあるラベンダーラッシーは
「多少の日陰はOK」との品種。
けれどもロンサールは果たして・・・・ダメかなぁ。
植え付けてある場所は東南に向いていて日当たりは良いのだけど
株元だけ陽が当たってもツルの部分が日当たりが悪いと
厳しいかな?
花数は少なくても良いから少しでもお花が咲いてくれれば嬉しい。

狭小故、四苦八苦しながらもバラに楽しませて貰ってる。
バラを育てるようになってから心が穏かになった気がする。
幾分、気も長くなったようだ。
バラに感謝します(#^.^#)

 今日の蕾発見♪
  ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

2005.04.16  黒花フウロ
20050416222132.jpg

丁度真ん中辺りに見えるのが黒花フウロの蕾。
この蕾、やっとここまでの高さに上がってきたが
最初は地際から出ている。
こんな所から蕾?って感じ。
細い産毛に覆われて俯き加減に付いてるサマは可愛い。
早く咲いてくれないかなぁ。
でもバラの時期まで待ってくれても良いかも。
これも鉢なのでバラの隣に置いて
合わせてみたいバラもあるし♪
構想は膨らむばかりである・・・あぁ楽し(#^.^#)

 今日の蕾発見♪
  ピエール・ド・ロンサール




 

20050415154529.jpg

昨秋、チューリップの球根5品種を5鉢に植え付けた。
チューリップって購入時のラベルは無くて、10球入りなんてのを
買ってもネットの袋の上に大きなラベルがホッチキスで留めてる形のが
付いてるだけ。
それを鉢に差し込んでおくのも・・・あまりなぁ^^;
だって大きすぎるものねぇ。
バラ売りだと尚更ラベルなんて無いし。
その時は
「鉢の形も大きさもそれぞれ違うんだし、どの鉢に何を植えたかは
忘れるはずが無い」とタカをくくっていた。
が・・・・あろう事か、全て忘れている(>_<)
しかも、全部思い出せない・・・こりゃ重症である。

画像はメイタイムのはず・・・・残りの4品種は
アンジェリケ、うんうん、これは間違いなく植えた記憶♪
それと・・・・フリンジ咲きも植えたはず。
お名前が・・・・あ、ファンシーフリルスだったかなぁ。
いやいや。。今季フリンジはやめたような気もするし。
あとは・・・・ピンクダイアモンドだった気もするんだが
確か園芸店で売り切れてて買えなかった記憶も残ってる。
「サッポロ」というお気に入りの白があるんだけど
それは確実に植えた。
けど、球根が腐ってたのかウイルスかはわからないけど
奇形で咲いたり寸足らずで出てきてパーだった、ショック。。
となると、後1品種は何か?謎のままだ。
さて、残りの3鉢はどんなチューリップが咲いてくれるのやら。
咲くまでわからないとは、あらま、なんとも情けない事である。

今度の植え付け時には必ずラベル書きして鉢に挿しておこう。

ここまで忘れっぽいと洒落では済まない(≧m≦)
指をクルクル回したりする『指の運動』とやらをやって
脳内の活性化を図らねば。

今日の蕾発見♪
  プリティ・ジェシカ


2005.04.14  花4歳♪
20050414195246.jpg

コント・ド・シャンボールの蕾

ここまで大きくなってるのに、こんな形してるから気が付かなかった。
細長い葉っぱ(?)にくるまれて目立ちにくい。
葉っぱも品種によってさまざまな形をしているけれど
蕾も色々なのねぇ・・・あぁ、驚いた。。

お友達のバラがゾウムシの被害に遭っている。
でも見つけられないらしい・・・・どこに潜んでるのかな。
巷でもかなり被害が出てるらしい。
幸いにもウチではまだゾウムシは居ないのだけど
きっとその内に現れるだろう・・・怖いわぁ。
毎日、戦々恐々でパトロールしてるけど
近日中に現れたらどうしましょ(>_<)
憎きゾウムシ、一撃で逮捕してやります。

 今日の蕾発見♪
   ザ・メイフラワー
   アンブリッジローズ
   ルイーズ・オディエ
   コント・ド・シャンボール
20050414195338.jpg

 花へ

花ちゃん、4歳のお誕生日を無事に迎える事が出来て良かったね。
おめでとう。
ウチに来てくれてからもう3年半以上も経ったんだね。
花ちゃんが来てくれてからお家の中が太陽が当たったのか
ひまわりが咲いたのか・・・そんな風になったんだよ。
今のままの花ちゃんで充分だから、ずっとずっと元気で居てね。

4歳の記念に今日撮った写真を残しておこうね♪





20050413132547.jpg


ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

こんな狭い場所に地植えしてある。
この狭さには呆れる程だけど^^;
無謀にも画像右奥にまだ1本植わってるのだ、ピエール・ド・ロンサールが。
たわわに咲いたロンサールが頭上からこぼれんばかりに・・・・あぁ。。夢♪
ロンサールの夢は2~3年は掛かるだろうか。

この位置から擁壁に枝垂れさせたいというのが夢なのだが
どう考えても今春には無理だわぁ。
でもヒマラヤンは恐ろしい程に成長すると言われてる品種なので、
来春には思い描いている光景が見られるかなぁと♪
狭い擁壁だからヒマラヤンに飲み込まれないように注意しよう。
最終形は、枝数を少なくしてヒマラヤンとロンサールを誘引したいと
言うのが夢なのだけど、強欲すぎたようですわ・・・・。
しかも花期が合うかどうかもわからないし。
ド素人とはこんなモノだろうか・・・・(≧m≦)

ロンサールは今春はブッシュ形で数個でも咲いてくれれば嬉しい。
それからドンドンとシュートを伸ばしてね。



20050413132616.jpg

その擁壁に現在誘引してあるのがラベンダーラッシー。
これは大鉢に植えてある。
ここにクレマチス・モンタナ・メイリーンを絡めてみた。
蕾を付けてくれて嬉しいのだが、はぁ・・やっぱりちょっと早いのね。
ラベンダーラッシーはまだ蕾が無いもの・・・・コラボ失敗の巻。

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクがグングン成長してくれば、
ラベンダーラッシーとの擁壁共存は不可能なので
ラベンダーラッシーの鉢はどこかへ移動しなければいけないだろう。
その時にはクレマも擁壁から外そう・・・・・
大事なツルをポキポキと何本折った事だろう。
だから枝数が少なくとても貧相な我が家のクレマ。

2005.04.12  冷たい雨
20050412213807.jpg

4/10撮影 オールドブラッシュ

花散らしの雨はなんとも無情ですね。
所用で外出したが、車窓からの桜は哀愁が漂っているようで
ちょっとオセンチになりそうだった。

オールドブラッシュ、よく見ると3個の蕾♪
嬉しいなぁ、房咲きだわ。
虫にやられずに綺麗に咲いて欲しいと願う。




20050411212545.jpg

ウィリアム・シェークスピア2000のこの葉っぱ・・・
いったいどうしてしまったんだろうか。
2月下旬に届いた時にはもう新芽が少しばかり出ていた。
それから変化は無かったんだけど、最近急に
このような葉っぱに・・・フチは縮れ気味(>_<)
この画像は木の上部で、下部のほうは健康そうには見える。
原因がわからないから対処のしようも無い。
もう少しこのまま様子を見てみるしかないのかなぁ。

気を取り直して・・・今日の蕾発見♪

 フェア・ビアンカ
 ライラックローズ
 マダム・アルフレッド・キャリエール 
2005.04.10  花曇りの休日
20050410191250.jpg

クレマチス・モンタナ・スノーフレーク

蕾がやっとここまで膨らんだ。
この垂れ下がってる姿がなんとも愛らしい。
園芸店では開花株がたくさん出回ってるけれど、
お家で年越しした株は開花が遅い。
早く咲いてくれないかなぁ♪
20050410191428.jpg

土手のアネモネ

満足に肥料もあげてないのに
綺麗に咲いてくれてどうもありがとう。
アネモネの青紫・・・懐かしいお色のような気がして好き。
20050410191354.jpg

クリスマスローズ

チビ苗から2年目の冬を迎えた昨年12月末から咲いてくれた。
咲き始めは真っ白で日にちが経つとグリーンを帯びる。
まだ2つばかり蕾はあるけれど、そろそろお休みして頂かないと
株に負担が掛かるかな?
最後のお花は花瓶に生けましょ。

2005.04.09  満開の桜
20050409214624.jpg

春爛漫、緑地の桜も満開を迎えた。
時間を忘れてずっと眺めていたい心境だった。

20050409211228.jpg

いつもの散歩道、ここに来ると気持ちが和む。

20050409211414.jpg

まだ蕾はあるけれど、明日の雨で散るのかなぁ・・・・
パッと咲いて儚くも潔く散る、桜の愛される所以か。

   さまざまの
    こと想ひ出す桜かな
               芭蕉

  また来年逢おうね!!
2005.04.08  桜に想う
20050408221013.jpg

桜の季節になるといつも思い出す光景がある。
それは幼少の頃に母と行ったお花見である。
私の生まれ故郷はとある小さな離れ島で、そこの先端に
[じしん山]と呼ばれてる山がある。
そこまで歩いてお花見に出掛けるのだが、これがかなり遠くて
子供の私にとってはきつかった。
今思えば、そんなに遠い距離では無いんだけれど。
頑張って歩いて到着すると、あたり一面に桜の花が咲き誇り
まるで別天地のような光景だった。
三つ子の魂・・・・と言われる所以だろうか、くっきり鮮明に
覚えている。

母の作ってくれたお弁当を頂き、のんびり桜を見てまた帰るだけの
ただそれだけの事だったのだけど、忘れられない想い出となっている。
母と同じ桜を見る機会も無くなり何年経ったんだろうか。
帰省の時は桜の季節じゃないしねぇ・・・・

ニュースでは名古屋も満開になったと言っていた。
日曜日はお天気が下り坂かぁ・・・・
明日見て来よう、2005年の緑地の桜♪

桜と全然関係ないけどオダマキ・タワーブルー
この薄い水色、なんとも素敵

20050407213543.jpg

修理に出しているデジカメが明日直ってくると連絡があった。
なんと18日も掛かってしまってるでは無いか(>_<)
次回からはメーカーに直接出そう・・今回痛切に学びました。

この画像は昨日撮ったルピナス・ブルーボンネットの蕾。
予想より早く咲きそうでバラの時期まで待ってくれそうもない。

バラに合わせたくて数品種のお花を植えてある。
どれかひとつでもバラの開花にピッタリと咲いて欲しいなぁと願う今日この頃。
2005.04.06  スミレの生命力
20050406184635.jpg

数年前、里山に散策に行ったおりに自生して咲いていたスミレの種を
少しばかり頂いてきた。
それを自宅と、自宅前の調整池の土手に蒔いておいたのだが
自宅のはことごとく毛虫の被害に遭い消えてしまったようだ。
しかし土手のスミレは逞しい。色んな所からこぼれ種で増えてて
そこかしこに可憐な花を見せてくれる。

この画像はそのこぼれ種のひとつなのだが、驚かされたのはなんと
道路際側溝のL字型になってる土も何も無いコンクリートで咲いているのだ。
なんと言う生命力であろう、可憐であるが凛とした美しさはここから
きてるのだろうか。
これからも春を知らせてね♪

20050406184652.jpg

アネモネ・シルベストリス
いつも楽しませて頂いてるサイトで話題になった6枚の花びら(ガク片)
普通は5枚で6枚は珍しいと伺っていたが、ウチにも6枚が(#^.^#)
今日は少しはっきりしたお写真が撮れたようだ。
旧カメラも侮れないなぁ・・・・ただ腕が悪すぎただけのようだ。
それを棚に上げてカメラのせいにしててごめんなさいまし(>_<)
2005.04.05  今日の蕾
20050405143443.jpg

20050405143316.jpg



《追記》
上の蕾は先日蕾を付けたフランシス・デュブリュイ。
あの時はほんとに『胡麻』くらいの小ささだったけど
今日は4倍?くらいに成長してて驚かされる。

下はチューリップちゃん♪
よ~く見ると、右側の葉っぱが何者かに大きく食われる(>_<)
何が居たんだろ?明日調べてみよう。
2005.04.04  太陽の恵み
20050404212709.jpg

これは昨年6月9日の画像。改めて見るとかなりお日様が当たってる。

ここは北向き道路に面したガレージ一角の一番角、
角の位置は北東向きとでも言おうか。。
晩秋から春まではほとんど陽が当たらない。もっと道路寄りは
少しばかりは当たるのだけど。

こんな過酷な場所にバラの鉢を置くのは如何なモノかと思うのだけれど、
如何せん、我が家は狭小住宅&猫額の庭とも呼べない程の
わずかばかりの土の部分しか無い為、わずかなスペースでも
有効活用しないと楽しめないのだ。

しかし春からは朝日がサンサンと当たり、夏場は午後の西日の厳しさからは
守られて、なかなか良い場所では?なんて思ってしまう私。

ここにヘリテージの鉢があるのだけれど、春の芽吹きで一番心配した子だった。
いくら休眠期と言えども、まるで氷河期か?と見まがうくらいに陽が射さず
『こんなので蕾も期待出来るんだろうか・・』と。
冬の間中、本当に心配したものだ。

が、なんとなんと、劣悪な環境下でもちゃんと新芽は出てくれた。
後は『蕾発見』を期待する毎日♪

ヘリテージ様(#^.^#)
可愛い蕾を付けてくれた暁には、あなたに『感謝状』を差し上げます。
2005.04.03  春を探しに
20050403232150.jpg

陽気に誘われていつもの緑地へ行ってみた。
ここは犬連れで幾度となく行く大好きな場所♪
今日も大喜びでテクテク歩いていた。

今年は遅いと言われてる桜の開花、1輪も咲いてない木のほうが圧倒的に多い程だった。
でもソメイヨシノの桃色の蕾は房になってスタンバイしていた。
今度の日曜日が見頃かなぁ・・・お天気だと良いな。

緑地には終りがけの梅、お花真っ盛りのレンギョウ・雪なやぎ・モクレン
あじさいも芽吹いていた。
足元を見ると、たんぽぽ・すみれ・オオイヌノフグリetc・・
春本番を知らせてくれてありがとう。
昨年のこの時期はぎっくり腰を患って行けなかった。
今年は逢えて良かった。
大好きなミツバツツジも蕾を色濃く染めて咲くのをじっと
待っているようだった。

ミツバツツジに逢いたくて岐阜県と長野県の県境いの
南木曽と言う地までよく行った。『ナギソミツバツツジ』の群生地がある。
でもこの3年程行ってない。満開時の素晴らしさは言葉では伝わらないよ。
また行けたら良いな、いや、きっと行くからね。

緑地からの帰り道、モクレン通りのモクレンが見事だった。
民家のシデコブシも咲き誇っていた。
春ってなんでこんなにワクワクするんだろ・・・不思議。
家に着くとチューリップの蕾が朝よりも大きくなっていた気がする。

3月30日に撮ったラベンダーラッシーとモンタナ・スノーフレーク。
わずか4日しか経ってないのに今日はもっと葉っぱが出てた。
早くデジカメが直ってくれば良いのになぁ。

今日の蕾発見♪
  エグランティーヌ(マサコ)

20050402133305.jpg

春になると新しい事を始めたくなる心境になります。

ちょこっとblogなどをしてみましょ。
大好きなシャリファ・アスマとフェアビアンカの昨年初冬の画像で
第一歩のオ・シ・ル・シ♪

今日は嬉しい発見もありました。待ち焦がれてた蕾が~。
オールドブラッシュに3つ付いてました、涙腺が緩んだ瞬間です。
これからワクワクのバラシーズンの始まりです。
寒い冬を乗り越えて春の到来と共に芽吹いてくる植物達。
これらを眺めていると何にも替え難い穏かな気持ちになれるのです。

《追記》
夕方、フランシス・デュブリュイにも蕾がひとつありました。
そんなこんなで今日はとっても嬉しかった蕾記念日♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。