上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.19  信州へ・・・
20051119135137.jpg

長野県上田市にある「無言館」に続く坂道・・・


実家の母が「善光寺さんと無言館に行きたいなぁ」と。
伯母(母の妹)にも声掛けて、女3人旅となりました。
名古屋駅まで迎えに行き、いざ信州へ。
中央道・長野道の山並みがそれは見事な紅葉で、母達も車の中で退屈する事無く
どこまでも続く山々の紅葉に見惚れていました。

17日・18日共に最高のお天気に恵まれて、良い想い出作りが出来た事に感謝します。




20051119134816.jpg

千曲市にある「戸倉上山田温泉」にお宿を取りました。
4階のお部屋から写した1枚。
紅葉している山が夕陽に照らされて美しかった事。

露天風呂にゆったりと浸かりながら
「又来たいねぇ」 「今度はどこへ行こうか?」とか
もう次の予定を立ててみたりして。

こんなささやかな幸せがいつまでも続く事を願いました。

善光寺さんにお参りした後はちょっと足を伸ばして小布施まで行きました。
ここの栗おこわは絶品ですね(#^.^#)

走行距離650キロ、無事に帰って来る事が出来てホッとしています。
留守番組の夫と息子、それにワン達よ、ありがとう。

スポンサーサイト
2005.04.27  旅の想い出
20050427233217.jpg


旅の思い出をもう1枚。

世界遺産に指定されている、岐阜県・白川郷の
合掌造りの集落。
お土産屋さんがイッパイあった。
みたらしだんご・五平餅や、飛騨牛の串焼きなど、
散策中でも良い香りに包まれて♪

この屋根の維持はとても大変だと聞いた。
一般の民家もあり、あれだけの観光客が見学に来ていると
生活される上でもご苦労があるのだろうと思う。

20050427231125.jpg

チューリップも終盤だね。
記憶喪失のチューリップは、やっぱりピンクダイアモンドだった。
当たっていたのでホッとしたりなんかして^^;

チューリップとバラの鉢を置き換えて、
いよいよバラシーズンの幕開け。
狭いスペースにバラの鉢がひしめき合って、なんとも
息苦しそうになるけれど、近日中に配置換えをしよう(#^.^#)

20050425222022.jpg

からくり屋台

旅の思い出をもう1枚残しておこう。
岐阜県高山市のからくり屋台。
春の高山祭はもう終っていたのだが、特別に屋台が出てる日に
当たっていたようでラッキーな事に見る機会に恵まれた。
20050425222053.jpg

クレマチス・モンタナ・メイリーン

大きな蕾を付けた状態で帰省していたものだから
とても気掛かりだったけど、帰宅早々に見てみたら
なんと!綺麗に咲いてくれていた。嬉しかったよ~。
20050425222120.jpg

メイリーンをアップで。
この淡い色合いはなんとも素敵。
香りも良くてお気に入りなんだけど、ジャングル化してきて
管理が大変だわ。
クレマは強剪定出来る品種に限りますね、だって楽チンだもの。
でもモンタナ系は好きだから♪
そうそう、香りはバニラです。
20050425222139.jpg

黒花フウロ

この渋系の色って独特だと思う。好みも分かれるだろうね。
じっと見ていると引き込まれそうな色合い。
こんな渋系があっても良いと思うな、大好き^^
和風の椅子にちょっとおすまし気味で・・・・綺麗ね。

留守の間にたくさんの蕾を付けてくれていた。

 今日の蕾発見♪
 
  ブライス・スピリット
  コテージローズ
  ウィリアム・シェークスピア2000
  ファンタン・ラトゥール
  グラミス・キャッスル
  シャリファ・アスマ
  ラベンダー・ラッシー
  ヘリテージ(劣悪な環境下でも蕾を付けてくれたので
         あなた様には感謝状を差し上げます♪)  

2005.04.24  帰宅して・・・
20050424232427.jpg

祖母の七回忌法要が滞りなく終り、親族と旅に出た。
福井県にある、曹洞宗大本山・永平寺参りに。
お天気に恵まれ、荘厳な風景も穏かなり。
20050424232731.jpg

加賀・一向一揆太鼓

宿泊先は石川県加賀市にある山代温泉内の和風ホテル。
こちらで行われた太鼓が素晴らしかった。
石川県と言えば、能登の「御陣乗太鼓」が余りにも有名だが
それとほぼ似てる気がした。
お腹の底から響き渡る太鼓の音色は心地良くて
いつまでも聞いていたい心境になった。
20050424232902.jpg

兼六園

翌朝は金沢市の兼六園まで。
広大な園内は素晴らしくて、新緑も芽生え最高の景観だった。
20050424233007.jpg

臥龍桜

岐阜県高山市まで足を伸ばし2泊目のお宿へ。

樹齢千百年にもなる、国の天然記念物「臥龍桜」は
1本桜と言えども、その風格は言葉は要らないと思えた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。